BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

以前発売されたREビギナ・ギナですがエクストラフィニッシュ仕様となって再度キット化されました。

同時にMG F91 Ver.2.0もチタニウムフィニッシュ化されキット化されています。

こちらはプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は7,040円です。

箱は単色で説明書はノーマル版の流用になっていました。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

付屬品はビームライフル、ビームランチャー、ビームシールドエフェクト、

スタンドジョイント、鹵獲後再現用胸部パーツ、それにサーベル刃が2本付屬します。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

シールはマーキングシールが付屬し、頭部の紋章やつま先部分の色分けはシールで補う方式です。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

REで発売されたビギナ・ギナが公開30周年を迎える機動戦士ガンダムF91の特別仕様モデルとして

エクストラフィニッシュ化されました。

ノーマル版では淡いライトグレーだった裝甲の成形色が銀塗裝され

パープルなど塗裝されていない成形色もメタリック仕様に変更。

ギラっとした輝きのある派手なモデルに変わっています。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

キット自體はカラバリなのでギミックや付屬品は変わらず。

ですがビギナ・ギナは全身ほとんどシルバーのためエクストラフィニッシュ箇所も多く一気にきらびやかな仕上がりに変わりました。

また裝甲の大半はアンダーゲートになっているためゲート跡も目立たずシルバー部分の見栄えは非常に良いです。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

もちろん胸部パーツを交換する事で鹵獲後の姿にする事も可能。

機體の色分けは大部分が再現されているものの、

つま先部分の色分けはシールで補う方式ですし

各バーニアスラスター內部の赤色などは塗裝が必要になります。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

頭部アップ。派手な銀色になった事でより貴族っぽさが増したような印象です。

バイザーは変わらずクリアパーツで再現されていますが額の紋章はモールドなどもなくシールで再現します。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

胸部中央は丸みのある鹵獲前と角張った形狀の鹵獲後の選択式。

交換も1パーツなので手軽に行えます。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

バックパックは角型のスラスターや大きなバーニア內部の塗裝が必要ですが

フィンノズルは全て獨立可動します。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

紫のパーツもメタリックになっていますが塗裝ではないためどうしてもウェルドラインは見えてしまいます。

各ノズルはモナカ分割のため合わせ目も出ます。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

パイプ部分が別パーツ化された肩部。

ほとんどアンダーゲートになっていますし、ゲート跡が見える所も成形色が白っぽい色なのでさほど気にならない印象。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

腕部は前腕などに合わせ目が出ます。

手首は変わらず持ち手兼握り手のみです。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

左腕にはビームシールドが裝著されています。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

腰部は後ろ側にサーベルグリップが2本裝著されています。

アーマーの裏打ちパーツはフロントのみですがサイドとリアにも細かいモールドが入っています。

また股関節軸も変わらずスイング可能。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

腳部も美しく塗裝され曲面が映えます。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

脹脛のノズルも合わせ目は出ますがもちろん全て可動します。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

足裏の肉抜きもありませんが、やはり腳部の細かいスラスター類も塗裝が必要です。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

武器を裝備させて。

付屬武器もメタリック成形になっています。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

ビームライフル。

寫真上が今回の物、下がノーマル版です。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

メタリックの成形色になった事でメリハリが付き光沢感が増しています。

スタンドジョイントはスライドして取り付けるタイプでアクションベース1や4などに対応します。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

ただ指がトリガーにかからず、どうしても変な持ち方になってしまうのは変わっていません。

ここはビギナ・ギナIIなどに付く銃持ち手が欲しかった所です。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

フォアグリップが動くので両手持ちも可能。

ただ分割はモナカなので今まで通り合わせ目は出ます。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

ビームランチャー。

こちらも上が今回の物で下がノーマル版となります。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

分割はモナカで合わせ目あり。

こちらなら付屬の持ち手で持たせてもライフルほどの違和感も無く

グリップが動くため構えやすくなっています。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

可動範囲は共通なのでノーマル版のレビューを參照にしてください。

共通ポリキャップが使われているタイプのREは大きい機體だと保持力が足りない事があるのですが

こちらはポリキャップ主體の関節でも小型MSのため軽く、特に保持力で困る所は無かったです。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

ビームシールドは挾み込んで固定します。

基部が回転できるのである程度干渉を逃がす事ができますが

どうしても肩に干渉しやすいです。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

ビームサーベルはライフルやランチャー同様固定用のダボがあるためすっぽ抜けたりする事はありません。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

黒背景で何枚か撮ってみました。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

シルバー塗裝のギラっとした塗裝はどこも綺麗で極端なムラなども無かったです。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

まだ組めていないのですがF91のチタニウムフィニッシュと並べるとすごく映えそうですね。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

最後にノーマル版と比較。

裝甲の大半が銀塗裝になったためめちゃくちゃ派手になっています。

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

BANDAI: 21年7月 網限 RE/100系列 維基納·基納

・説明書が共通のためカラーレシピは変わっていませんでした。

以上RE ビギナ・ギナ[エクストラフィニッシュ] レビューでした。

今回のキットはギミックや武裝の変更はありませんが、裝甲の大半が銀塗裝され

パープルのパーツなどもメタリックの成形色に変更したとても派手な仕上がりに変わっています。

特に全身のギラっとしたシルバーは塗裝ならではの仕上がりで高級感もありますし

ビギナ・ギナは元々裝甲の大半がアンダーゲートのためゲート跡もあまり気にならなくなっています。

持ち手など一部気になる所もそのままですが特別仕様らしい豪華な仕上がりのキットになっていました。

來源:78動漫