BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72 MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

10月に新しく放送が始まる境界戦機。

そちらに合わせバンダイからHG等でキットが続々発売される予定です。

キット第一弾として発売されたのはメイレスビャクチ。

価格は2,640円となります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

付屬品は60mm攜行機関砲、汎用攜行盾、右銃持ち手、握り手兼持ち手となります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

シール類ですが各所の黃色やブルー部分などを補うホイルシールと

ナンバーが印刷されたマーキングシールが付屬します。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

また余剰パーツも少しありました。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

境界戦機シリーズ第一弾として発売されたメイレスビャクチ。

こちらは本編の機體ではなく、外伝の境界戦機フロストフラワーに登場する機體となります。

人型特殊機動兵器AMAIM(アメイン)という名稱の兵器の一體で比較的オーソドックスな人型で

カラーリングも白基調のヒロイックなカラーリングになっています。

スケールは1/72でもちろんスナップフィット&フル可動モデル。

関節にはABSやポリキャップは使われておらず全てKPSになっていました。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

関節は工業デザインの視點を取り入れた可動構造になっているそうです。

そのためか腳部は真っ直ぐ伸びるのではなく少し膝を曲げ腰を落としたような姿勢がデフォになります。

背面にはウェポンラックがあり、ビャクチには四連裝誘導弾攜行発射機というミサイルポッドが裝著されていました。

また手足には3mm穴のハードポイントがあります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

ウェポンラックを外した姿。

機體のカラーリングはだいぶ再現されていますが足りない部分もそれなりにあります。

腳やシリンダー、腕のバーや細かいダクトの色などが足りませんが大半はシールで補う事が可能です。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

頭部アップ。

刀の切っ先が付いたような形狀でカメラ部分にはクリアパーツが使われています。

白いヘルメット部分は左右分割で合わせ目あり。

頬ダクトはシールで補えます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

胴體部分は腹部が小さめで胸部が大きめのデザイン。

首は基部がBJで頭部の付け根でもスイング可能。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

胸部の橫にはシリンダーがあり、肩の動き似合わせて伸縮します。

シリンダー部分は金色ですがこちらはシールで補う事が可能。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

肩軸は引き出しと跳ね上げが可能。

また肩関節上部のカバーも跳ね上げる事ができます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

背面のウェポンラックには左右にアームがあり誘導弾攜行発射機の反対側に機関砲を取り付ける事ができます。

アームは軸可動で伸ばす事ができます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

四連裝誘導弾攜行発射機。

こちらはハッチなどは開かず固定となります。

前方の一部が青色ですがシールあり。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

ウェポンラックを取り外した狀態。

ジョイントは長方形のジョイントなのでガンプラのパックなどとの互換性はありません。

ダクトは黃色ですがこちらもシールあり。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

腕部は獨特の関節構造で各ブロックが互い違いに繋がったようなデザインです。

持ち手兼握り手の他平手も付屬。

平手は細かいディテールが良い感じです。

肩の一部には合わせ目があり、前腕のバーも黃色なのですがこちらはシールがあります。

それと手足のハードポイント部分も黃色ですがこちらはシールが無いので塗裝が必要です。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

各可動ポイントは軸関節で普通の角度の他、逆方向にも曲げる事ができます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

腰部のリアアーマーは結構大きめのデザインで裏打ちパーツあり。

跳ね上げが可能なので邪魔にはなりません。

股関節軸はシンプルな棒軸です。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

腳部ですが股関節軸は3軸タイプのジョイント。

膝は曲がった狀態がデフォで真っ直ぐには伸ばせず畫像の狀態が一番伸ばした狀態となります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

膝の黃色や太腿橫のグレーはシールで再現可能。

関節を曲げると形狀がピタッと合うようになっていて正座も可能でした。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

足首は3本のクローが獨立可動します。

クローの內側には一部肉抜きあり。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

可動範囲など。腰部はそこまで仰け反らせる事はできませんが、

反面前屈はかなりのもの。

肩や肘の可動域も広く柔軟に動きます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

下半身も邪魔になる腰アーマーなどがないので可動範囲は広いです。

足首も橫ロールがあるので接地も抜群ですし

脛部分にも可動ポイントがありそちらでも曲げたり伸ばしたりする事ができます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

KPSかつ比較的太めの軸が使われているため関節の剛性感も良好。

カッチリとした作りで動かしやすいです。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

手持ち武器の機関砲はアームを伸ばす事で抜き取る動作を再現する事ができます。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

機関砲と盾を裝備させて。

手首を握り手にする場合、平手から手甲パーツを移植する必要があります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

60mm攜行機関砲(多弾倉型)

手持ち武裝はこちらのみとなります。

モナカ分割で合わせ目が出ますが弾倉は著脫可能でした。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

ストック部分が下に伸びているので持ちにくそうだなと思ったのですが、

肘の隙間にすっぽり収まるようにデザインされていました。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

銃持ち手と平手があるので畫像のような持ち方も可能。

ただ銃持ち手は半分白いので塗裝する必要があります。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

汎用攜行盾。

こちらは1パーツでシンプルなシールドとなっています。

取り付けも前腕のハードポイントに差し込むだけです。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

股関節には3mm穴があり様々なスタンドが使用可能。

アームの保持力も強固で四連裝誘導弾攜行発射機を付けた狀態で伸ばしても重さに負ける事はなかったです。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

最後にHGUCガンダム(1/144)とCAMダグラム(1/72)と並べてサイズ比較。

スケールは1/72という事ですが平均的な1/144サイズのガンプラより一回りボリュームがある感じです。

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

BANDAI: 21年9月 HG系列 1/72  MAILeS 白雉

以上HG境界戦機 メイレスビャクチ レビューでした。

シリーズ第一弾なのですが、本編ではなく外伝の機體となります。

ヒロイックなカラーリングではありますが、関節などは結構獨特で目新しさがあります。

合わせ目もさほど目立たないですし、クリアパーツも使われていて色分けもHGとしては十分でした。

また関節がカッチリしているのも特徴的で獨特の関節と相まって動かしていて楽しいキットになっています。

これから色々な機體や運搬車などもリリースされるようなのでそちらも楽しみですね。

來源:78動漫